Note

台湾 2018

 

台北の移動手段はスクーターが中心。大量のスクーターが街に溢れている状況を目の当たりにし、大気汚染の問題も実感した。そういったところから生まれてくるサービスやプロダクトは強い。

 
IMG_8945.jpg

切符が樹脂製のコイン型。
改札に入れるのではなくタッチするのだけれど、小さいのでタッチしづらいし落としやすい。
しかも、落とすと転がって行ってしまう形 (通勤ラッシュ時には悲劇)

どうしてコイン型・タッチ式になっているのか。
紙の切符のように使い捨てではないから?

そのあとすぐにsuicaのようなプリペイドカードを買った。

 
B91E98EC-C0CC-4346-A00C-DA19CF91E3F7.png

九份のお茶屋にて。細長いカップ(聞香杯というらしい)にお茶を注ぎ、茶杯をかぶせてチャーハンを作る時のようにくるっとひっくり返して細長いカップを取り、カップに残った香りを楽しんだ。

カップが温められているので、ひっくり返してわずかに残ったお茶が蒸発して、香りを感じやすくなっている。細長い形やサイズも、飲むカップの内側にすっぽり入り、鼻にあてて香りをかぎやすくなっている。

 

台湾のコンビニで温かい弁当と買うと変わった袋(?)に入れてくれる。不織布のシートに切れ目がいれてあるもの。中心に弁当をおいて両端を持ち上げると、弁当が横にならずに持ち運べる。

一枚のシートに切れ目を入れるだけで、弁当が傾くのを防いでいるのは良い。

他に買ったものを一緒にいれにくい(はしやスプーンも一緒にいれられない?) こと、自社の弁当などサイズが決まっているものしか運べない、レジ袋を後でゴミ袋などに使うといった二次利用ができないのがデメリット。あと見た目も煩雑な印象。

 
A1CDBF15-F367-4D5A-96D6-64AAD483FB03.png

サイズ感、脚の太さ、脚の角度のバランスがいい。なんでもないけどいい感じ。十分瀑布の橋の下。

 
Ryuya Yamada