Note

Appleのレザーケース

 
IMG_2939のコピー.jpg

Apple純正のレザーケースに施された刻印。リンゴマークのアウトラインをさらに深く刻印することによって、マークをよりはっきりと浮かび上がらせている。

ケースにはアルミニウムのボタンパーツが内側からはめ込まれていることと、飛び出たカメラ部分がケースを付けることによってフラットになることも相まって、ケースを付けて新しい製品が完成するような感じもある。ケースに付いている音量ボタンが斜めになってしまっているのは残念。

 

iPhone6以降(iPhoneSEを除く)のiPhoneのカメラが飛び出しているのは、ケースを付けて完成するという考え方もあるのかもと思ったり。技術的な問題が一番だとは思うが、ほとんどのユーザーがケースを付けて使用しているという現状も背景にあるのでは。ケースを付ける場合にはカメラが飛び出ていた方が、撮影にも干渉しづらいだろう。

もちろん、ケースを付けないと使えないこと自体は良くないと思う。しかし「落としたら割れる」「カメラが飛び出ている」ことによって他のスマホにはない方へ向かっている感じは興味深い。

 
Ryuya Yamada